どんな人がカードローンを使っているのか、というと

カードローンの利用者ってどんな人が多いのか調べて検証してみました。
参考資料:株式会社野村総合研究所(2014年5月)とジャパンネット銀行(2013年2月)の「カードローンアンケート調査」

◆若い世代の方の利用が増えている

カードローンが利用できる年代は20歳以上60歳~70歳前後までとなっています。
どの年代の方も利用されているようですが、近年では急激に20歳代の方の利用が増えてきています。
お金を借りることに抵抗感がつよい中高齢者と違って、若い世代はお金を借りることは普通になってきているようですね。
さらにカードローンが身近で使いやすくなっているのも理由の一つかもしれません。
 

◆生活費の補てんの他に、趣味や娯楽に使う人が多い


生活費が足りないときに一時的に借入するケースも多いのですが、意外と自分の趣味や娯楽(交際費)に使っている人も多くいました。
(借入金額は1万円~10万円が多い)
生活を豊かにするために有効活用されている人が多いということですよね。
 

◆年代によって使う用途が異なる


若い世代ほど利用者が増えていることはお伝えしましたが、利用目的としては若い人ほど生活費の補てんや趣味に使っていました。
逆に年配者は、旅行や突発的な慶弔に利用していました。
つまり、少ない額を複数回借り入れているのが若い世代、ちょっと多い額を少ない回数で利用しているのが年配者、ということになります。
年齢によって生活スタイルが異なるので、それに合わせて利用されていることなんでしょうね。

男女比率での統計は、色々な数値が出回っていて、これ!とお伝えすることは難しいのですが、この時代 男性でも女性でも必要なら利用すればいいのではないでしょうかね。

利用するには「どのカードローンが自分に合うか」という視点でいろんなカードローンを比較してから、利用してくださいね。