社会人の一人暮らしで毎月かかる出費とは

社会人の一人暮らしで毎月定期的にかかる出費は、数多くのものがあります。
基本的には学生の時とあまり変わりませんが、社会人になってからは高額になることが多く、経済的負担は大きくなる傾向があります。

 

家賃について

まず社会人かどうかに関わらず、家賃は定期的に支払う必要があります。

家賃負担は、特に関東や関西の中心部などの都市部では非常に大きくなり、あまり広くない集合住宅であっても10万円を超えることもあります。

家賃の他に管理費を支払う必要がある物件も存在するので、注意が必要です。

 

入居する時の注意点と家賃滞納について

 

家賃に関しては毎月一定なので、入居するときに見栄を張って高額なところを選ばないことが重要です。

家賃が高額な物件は、入居時の保証金や敷金・礼金も大きな額を支払うことになります。また家賃は毎月確実に支払う必要があり、途中から安くなることはほとんどありません。

自分の収入とバランスの取れていない高額な家賃の物件に住んでしまうと、経済的な負担は毎月積み重ねられてしまいます。家賃を滞納してしまうケースも出てくるので、収入に見合った家賃の物件を選ぶようにしましょう。

もしも家賃を滞納してしまう恐れが出てきた場合は、下のサイトに掲載されているような対処法を参考にして大きなトラブルにならないようにすることが大切です。
 

 

通信費

毎月の出費としては、スマートフォンやインターネットなどの通信費も考えられます。

学生時代はスマートフォンだけで済ますことは可能です。

しかし会社勤めを開始した場合、自宅で仕事をする可能性もあるので、インターネット回線を開設しておくことが必要になります。

また、転職活動などを行う場合でも、最近ではオンラインで情報収集をすることが主流なのでインターネット回線は必須です。

 

光熱費

社会人一人暮らしの場合は、光熱費も毎月の出費として支払う必要があります。

学生の時に自宅から学校へ通っていた場合は、光熱費は親が負担するので払わなくていい状態でした。
また、寮などが用意されている学校もあるので、光熱費の負担は少ない場合が多々あります。

しかし社会人になり一人暮らしをする場合、毎月自分が使用した分の光熱費は支払う必要があり、地味ながらも無視できない負担になります。

日本で一人暮らしをする際の水道光熱費の平均金額はひと月あたり7,347円です。
引用:一人暮らしの水道、光熱費平均額をご紹介します|エネチェンジ

特に夏や冬のエアコンを多用する時期の電気代はかなり大きな負担となるので、注意が必要です。

 

その他の出費について

その他の出費としては、食費はもちろん毎月かかりますし、医療費や衣服費もまったく支払わなくてもいい月は珍しいかもしれません。
これ以外にも友人や恋人と出かける際の交際費なども必要になってきますね。

社会人として一人暮らしをする場合、予想以上に多くの出費が必要になることが多いです。

お金に関することは重要ですし、余分なローンなどを組まなくても良いように、事前にプランを立てるなどしてしっかりと管理をするようにしましょう。